« お知らせ | トップページ | 24 »

2006年3月30日 (木)

夜の蝶達へ・・・

先に書きます。

まじめな内容です。

不快に思われる方は読まないで下さい。

 

 

-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~

たまに将来を不安に感じている嬢が居ます。

 

真剣に話します。

 

夜の相談室ですから。

 

嬢が言うには・・・

 

生活のために割りの良いバイトのつもりで夜の世界に入ったケド

 

数年その世界に居ると将来に不安を感じる時がある

 

といった内容です。

 

正論です。

『時がある』でなく常に不安を感じるべきです。

昼の福利厚生が整った会社で仕事をしている人でも不安が付きまといます。

終身雇用の時代ではありません。

尚更、数年しか生きられない世界に身を投じているのなら・・・

逆に考えれば、永く続けられないからこそ何をするべきかは解ると思うのです。

私は必ず嬢に言います。

 

読書をすること。

 

資格を取る勉強をすること。

 

PCをある程度扱えること。

 

こういった内容の話しをする以前の問題を抱える嬢もたくさん居ます。

本当は頭の片隅で引っ掛かっているのに・・・

毎日がそれなりに過ぎていき

それなりの収入が得られる

 

たまに昼間に仲が良い嬢と連絡をとると

かなり厳しいことを言います

泣く子もいます

その世界に浸ってしまっては遅い

何気に1年も無駄にしたの?

20代の1年?

中退して

家出して

男と遊んで

妊娠して

結婚してないのに出産

子供を抱えたまま

夜を卒業できずに

旦那もいない

電話のむこうで子供がしゃべる・・・

後悔するなよ

君ではなく

子供がかわいそうになるから 

 

 

勉強しよう

必ずどこかで役に立つ

嫌いという次元ではない

止まるか

進むか

Photo_1

|

« お知らせ | トップページ | 24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ | トップページ | 24 »