« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月24日 (火)

あれ?

ネットいじっていたら宮崎太○銀行のwikiに辿りついたのですが…

 

前に見たときは日本国内で当時2行のみに実施された金融庁の公的資金注入措置を受けた旨がwikiに記載されていた気がするのだが…

 

はて?

 

何か不備があったのか…

 

ただの勘違いだったのか…

2010年に公的資金の注入が行われた…これは事実だったはず。

以下引用

 

2[東京 10日 ロイター] 宮崎太陽銀行は10日、金融機能強化法に基づく公的資金の資本注入を金融庁に申請し、31日までに総額130億円の資本注入が行われると正式発表した。発行株式数は2600万株。

 これに伴い宮崎太陽銀行は経営計画を公表、2010年3月期に24億1000万円を見込むコア業務利益を、12年3月期には27億3500万円まで改善する計画。

 

以上引用終わり

 

wikiで分かるのは32%というダントツの株式を整理回収機構という機関が保持している事…

それに次ぐのが西日本シティ銀行の2.37%…

 

しかし、そういう機関が監視していても昨年(2011年12月)には約1300万の金を行員が抜いてたのが発覚してましたね…

500万くらい返済してたかな?

 

人口の減少から考えても宮崎は宮銀1本にいずれはなるのかなって気がしてます。

 

第二地銀の必要性が問われる今、頑張ってほしいものです。

 

鹿銀が駅前に立派な宮崎支店構えたのを見ると…

宮銀にも頑張って頂きたいものです。

 

鹿銀に借換えたって話しを昨年頃からケッコー聞くんだな…

 

あれ?この流れって遠くの合併の果てに鹿児島による宮崎吸収が見えますねw

 

| | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

工事費高騰?

今日ですね・・・

 

震災の影響で工事費高騰みたいなのをみたのさ・・・

1.5倍・・・

 

内容は被災されて工場大破された施主さんが設計会社と計画練って当初建築費を2億9000万円と見込んでいたのが3社見積もりを取ったらいずれも4億を超えていたという・・・

 

業者からは「震災で人件費や資材価格が高騰している」という内容を聞かされていたらしく…

 

まぁ、被災地では確かに人件費が高騰しているのかもしれないですね…

 

ここからは、被災地ではない遠い九州の話し…

と言いますか…

全国共通するのかもしれませんが…

 

 

設計事務所でもよっぽどしっかりした事務所でなければ当初計画の1億で練っていた物件でも出入り業者から建材指定とかで1.5倍くらいスグいきますw

 

図面見ててさ…積算していてさ…

ああ…当初計画の時点で話しを直接持ってきて貰えば…

どれほど施主さんに得してもらえるのだろう…

 

と、考えてはいけない?ような事も幾度とありました…

 

それも全ては巡り合わせなんでしょうけどね!

 

良い設計事務所で計画し

良い会社の良い監督が見て

良い物件の引き渡しを受ける。

 

全てが良くてしかも納得の出来る価格ってのは中々少ないのかもしれません。

 

昔、御施主さんに建材を頼まれて…

発注し現場に届いた後にやっぱり使用しないという事がありました。

 

その建材(外装材)を結局デッキ材に上張りしたのですが…

御施主さんが『納得して発注したのだけど…これを返品してしまったら自分の非みたいになってしまうのが嫌だからデッキに張れて良かったー』っておっしゃってました。

 

どうしても残ってしまう残材等でも無駄にしないという考え…

 

それにより救われる自己意識。。。

 

返品する際の運搬等を考えると…

 

一石何鳥にもなると思ったのでした。

 

日々お客様に学ばせて頂いてるという御話しですねw

 

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

あけましておめでとう御座います。

どうもどうも、おみくじで吉を引いた普通過ぎるピースです。

 

正月休みはバタバタと予定を消化しておりました。

 

母と嫁を連れてゴルフに行ったり・・・

 

同級生と飲み会したり・・・

 

スタジオ借りてバンドごっこに勤しんでみたり・・・

 

・・・アコギ買おうかな

 

そういえば、新婚旅行がまだだったので近々ハワイ行って来ます。

 

それを終えれば今年の目標というか、新たな家族を迎えられればと思います。

 

男の子であればキャッチボールしたいです。

 

女の子であれば家に彼氏連れて来たら、怖いお父さんを演じたいです。

 

まだ見ぬ我が分身が元気に育ちますよーに!

って気が早いですねw

 

女性関係が落ち着いてきてしまってる感は否めませんが、

 

どうぞ今年も宜しく御願い致します。

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »